tenchan’s diary

海外&国内旅行記・スロット日記

「芸能人と恋愛関係になりやすい職業6位〜10位(カメラマン、コンサートスタッフetc)」を全力で目指せ!

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
にほんブログ村

f:id:tenchan0721:20181117021322j:plain

こんばんは、テンちゃんです。

今回も引き続きランキングを解説していきましょう。

tenchan0721.hatenablog.com

まずは、第6位「広告代理店」

いわゆる電通さんや博報堂さんなどです。

テレビ局や新聞社の営業部スタッフのために、たくさんのスポンサーさんからお金を引っ張ってこなければいけない大変な仕事です。話を聞くとマジで大変そうです。噂通り残業だらけパワハラセクハラモラハラなどなどなど。。。

体力もなければいけないし酒も強くないといけないし心も強くないといけない。

そりゃ撮影現場やイベント現場で偉そぅぅぅにしていても当然な話なんですよ。

予算を捻出している人達なんですから。

当然モテます。

CMのキャスティングに影響力を持っていますし、会議での発言権も当然強め。

単純に言うとタレントからすれば仲良くなった方がCMや広告が増えますから!笑

謎の接待もあります。

某芸能プロダクションには接待要員タレントもいて日夜頑張っておりまする。

北◯鮮を馬鹿にしてはいけません。日本も偉い人の仕組みは全く同じです。

第1位の社長・役員(いわゆるスポンサーさん)はお金出す人。そこと密接な関係の電通マン。この2つは、マスコミ業界でも頂点の立場なのです。

 

まあ、ただ、いかんせんハードルが高い。

 

有名大学卒かつ競争率が激高。

入社できてもどこに配属になるか全くわからない。。。

華やかな芸能人を扱う物件ばかりじゃないですからね。地味な仕事も多い。

競争に勝ってせっかく入ってもパワハラがキツ過ぎて死にたくなる。

 

楽な仕事なんてないですね。

こんなことを言うと怒られますが、真面目な人、ズル賢くない人は無理。

クリエイティブな仕事をしたいなら、あまりオススメはできません。

どうしても入りたい人は名門大学に入ってOBに相談するしかありませんね。

 

次に、第7位「(スチール)カメラマン」

これは、いわゆるグラビアカメラマンです。

ムービーじゃありませんよ、スチールカメラマン。

すでにオワコンは近づいておりますが、まだまだ週刊誌のグラビアは健在です。

そのモデルとなるアイドルや女優を撮影するカメラマンはモテます。

 

まずグラビアカメラマンになるためには、カメラの技術だけでなく女の子の扱いも上手でないといけません。現場の雰囲気作りは大切ですからね。

10代や20代前半の女の子もたくさんの大人の前で裸同然になるわけですから恥ずかしい。。。逃げたくなることもあるそうです。

そんな子が気持ちよく撮られる環境作りをするのがカメラマン。

モデルの性格を見極め、ある時は冗談の一つや二つ言わなきゃいけないし、ある時は若者言葉を多用して目線レベルを合わせなきゃいけないこともあります。日頃から若い女性が関心のあることを研究しておかなくてはいけないのです。

とにかく、こちらは怖いおっさん、キモいおっさんと思われないよう振る舞わないとダメ。

 

正直、会ったばっかりの女の子を口説いてSEXまで持ち込むようなもん笑

そりゃ爽やかで話しやすい人が撮ってくれた方がいいですよねー。(もちろんイケメンの方がいい)

 

相性が合わないカメラマンとモデルの場合、何日かけても良い表情は出ないし良い写真も全く撮れません。

つまり、現在第一線で活躍されているカメラマンさんは超絶モテるわけなんです。

 

某グラビアアイドルから聞いた話ですが、相性がいいカメラマンに撮ってもらうと、とってもとっても気持ちいいんだそうです笑。その時はまさに2人の世界に入り込み、カシャカシャっていうシャッターの音で精神的にイってしまうみたい。

水着が汚れてスタイリストさんが大変なんですって。。。

す、すごいですよね。

もちろん、こんな特殊な仕事がイヤで怪しい宗教団体に入ってしまう女の子もいますし、勘違いしてセクハラ問題に発展するモジャモジャ頭なカメラマンもいます(泣)

 

話は逸れましたが、ようはカメラマンはモテるって話。笑

でもこちらもまたはハードルが高すぎる・・・。

 

グラビアカメラマンになるためには、現在売れているカメラマンに弟子入りし何年か下積みを積まないといけません。まさに落語家なんかと同じです。

売れているカメラマンさんは、雑誌のグラビアや写真集を見れば名前が載っていますので、すぐ調べることができますよね。

名門写真スタジオのアシスタントから下積みを積んでいくやり方もありますが、超厳しい軍隊に入って出世を狙うようなもん。残るのは1000人に1人くらいです。

 

ただ雑誌自体がもう何年も経たないうちに消滅しますし、ムービー主流の世の中に変わりつつありますから、スチールだけ撮るカメラマン(いわゆる写真家)というのは、もしかしたら絶滅危機に陥る職業かもしれません。

 

第8位、「コンサートスタッフ」

こちらのパターンは、第3位の舞台監督や舞台スタッフと同じパターン。

永いことタレントと一緒にいますし、全国を一緒に旅をします。これまた一緒に成功を誓い合う仲間。

そりゃモテます。

tenchan0721.hatenablog.com

 僕が30年見てきた感じでは、大人数のアイドルグループでその中の何人か抜け駆けでお付き合いしちゃっているパターンを聞きました。ただ遊びが多い感じですかねぇぇぇぇ。コンサートスタッフと現場マネージャーの両方と●●●しちゃってて現場が冷戦状態になったってパターンもありました。

ただタチが悪いのが、「私、全然男の子苦手です」ってキャラの子だったんで恐ろしい。女ってほんと恐ろしくもあり逞しい生き物です。

わざわざ自ら「男苦手・清純」を公言しているアイドルは要注意ですよ、みなさん。

 

ほぼほぼ嘘です。

 

コンサートスタッフは、コンサートやイベントを制作している会社がありますから調べて面接を受けましょう。人手不足なので別に難しいことはありません。

狙い目です!!!!

 

第9位、「テレビプロデューサー、ディレクター」

これ、一番モテてると思っていませんでした??

正直そうでもありません。

ズバリ、タレントと一緒にいる時間は圧倒的に少ないからです。

 

番組の収録なんて1日もかかりませんからね。

 

目指すのは簡単です。慢性のAD不足に悩まされている業界ですのですぐ現場につくことができます。最短で明日にでも。

まあここもセクハラパワハラ地獄の職場です。いまだ「それを耐えられないなら辞めろ。」の世界。昔ほどではないらしいですが、そのパワハラ地獄を耐えてきた人が今プロデューサーとかディレクターに出世しているので、簡単になくなるわけはありません。一般人にはモテるようですが、あまりオススメできませんねー。

 

僕が見てきた中では、なんかやたらとアイドルや芸人さん達と仲良く遊びまわっている人も何人か見ましたが、ほんの一握りだと思います。

 

また、この世界には2パターンがあります。

  • テレビ局に入社する
  • テレビ番組制作会社に入社する

です。

 

テレビ局に入るためには、皆さんご存知、名門大学に入らなければいけません。

各局には学閥がありますから、そこからOBを頼って入社試験を通りやすくしていきます。 

ただ正直、茨の道ですよ。一生懸命勉強して入社できても番組制作の現場に配属されない可能性も非常に高いですから。。。自分の大好きな番組のプロデューサーになれる人なんて見たことありません。まず確率が低すぎです。

 

ではテレビ番組制作会社。

これはすぐ夢は叶います。あとはひたすら我慢我慢我慢我慢我慢です。

給料も激安ですし、休みもない、テレビ局員との格差(差別)を感じプライドがズタズタになりますが、ひたすら我慢我慢我慢我慢。。。

そこで実力がついたら独立です。フリーランスになればある程度は富も築けるみたいです。長続きしない印象ですが。

 

でもあまりテレビディレクターと芸能人のロマンスって話は聞きません。

遊び程度ではないでしょうか。ゼロではありませんがね。テレビのPとかDって浮気もんが多く風俗に行きがちな人ばっかりですよ笑

 

第10位、893

はい、モテます。

所詮日本の芸能界は893の支配下です。必要悪なのです。

 

だって大昔ですが山口組って元々は、吉本興業の創設者の用心棒から始まったんですよ。いくらコンプライアンスコンプライアンスって騒いだって、ちゃんちゃらおかしい話なのでございます。 

次回、番外編に続きます!! 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村